<< ご褒美でケーキを買ったら | main | そろそろヲタクしたい >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

徳井の得意技

やってもーた・・・延滞した・・・
今から返しに行って来ます。もうやだー!今まじで金ないのに!
早く就活やめてバイトしないと死んでしまう!
あーもーうぜー!
つたやうぜーあんなうぜー角川ESで落としやがったくせにうぜー!
(八つ当たり)
とりあえず
安野モヨコ×土屋アンナ×椎名林檎 とか渋すぎっしょ。
DVD入れてOPの曲のベース&パーカス音とか堪んないんですけど・・・
ジャズピアノと金管とかさいこーに好き!
そんなにコアなファンじゃないからミーハーぽくてあんま言いたくないんだけど、林檎さんはやぱステキです。うん。

全体的には想像以上かな。よかったと思う。
菅野ちゃんや木村よしのが思った以上に体張ってたのも、すごい圧巻。
そう、菅野ちゃんすげーと思った。
やっぱあの人すごい。威力ある。
存在感もカリスマ感も、もっすごいあったし、子供きよ葉と同じように飲み込まれた。
(子供きよ葉も上手かった)
そして誰よりも体張ってるのに圧倒された。
そこまでしていいの・・・!すごいよ、綺麗ですよ菅野さん・・・ッ!と。
それに比べてというかあまりの菅野ちゃんのカリスマぶりに、木村よしのはやっぱきよ葉に追い込まれるわけだーみたいな感じだったのがうーん、でしたが
でも高尾らしさはあったのかなー
てか本当、菅野ちゃん見る為に見る価値あり。

ただあの惣次郎のところまではよかったんだけど、日暮になってからはストーリーが微妙だったかな。
惣次郎までは、きよ葉の反骨精神だったり、
きよ葉と高尾、美波(役名ワカンネ)の女の醜い争いがリアルですっげーよかった。
(てか美波ちょーこわかった!)
(あとさ、土屋と美波ちょっと似てんだよ・・・分かりにくいんじゃ!)
後半はなあ・・・
やっぱり安野モヨコがすげーて事かな。
でもきよ葉の花魁人生を描き挙げているので作品としてはすっきりしてよいと思うけど。
原作のあのえ?!これでいいの?!て感じで映画終わらしちゃうよりはよかったと思う。
でもおかげで前半の緻密さに比べて後半の粗さが目立ったかな。
(惣次郎の化けの皮も、もうちょっと印象的にやって欲しかったが)
あと惣次郎にここまでのめり込むのも、高尾の嫉妬も死も、すごく納得できて感情移入できたのに、
後半の桔平ちゃんが出てきてからは何か理解できなくて
えーなんで桔平ちゃんに打ち解けるようになったの?何で利用してまで吉原から出たいの?それとも好きになる努力をしたいの?てか桔平ちゃんなんでそんなに優しいのー!
みたいななんか前半のよさに比べてえー!続きでイマイチだったなー
惣次郎のことで誰にも打ち解けない、誰も利用しない、誰も信じない、みたいになってるのかと思いきや、何か結婚しようとしてるし。気もないのに。
きよ葉らしくないなーと思った。

というわけでやっぱり悔しいかな安野は偉大、というオチでいいのかしら。
しかし映像がすばらしいです。
これは蜷川みかを誉めるべきなの?美術がいいのか?
ただ花魁と赤と林檎と金魚・・・って一部のツボをピンポイントで突いてる演出はさすがだと思ったよ。
好きな人にはたまらない、なんだろ、好きなもの全部詰め込みました!感はあるよね。

しかし、絶対PG-12じゃだめだと思う。15ぐらいにしていいと思う・・・
posted by: 茉莉花 | movie | 19:15 | comments(0) | - | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 19:15 | - | - | - |
コメント